置かれた場所から飛び立ちなさい

2021年9月2日

突然の秋雨前線が昨日から襲来した。一気に寒い!気温差10度以上!!

すごいなぁ〜。

 

 

置かれた場所で咲きなさい。

この言葉を肯定する真意は、「与えられたもの、自分の能力で手に入るもの、それらを受け止め認め諦めなさい。その上であなたらしく咲きなさい。そうやって咲いてるあなたが素晴らしい、美しい、素敵。」っということだと思う。

 

でもねぇ。。私は「置かれた場所で咲きなさい」この言葉は日本人には危険だと思う。

なぜなら、日本人は世界を変えることのできない自然物だと思っている。だからこそ、学習性無力感が強いと思う。

そんな人に置かれた場所で頑張れっていうと、、逃げ出したり新しいことしたりできなくなっちゃうよ、、環境は変えられないのだから、自分ばかりに原因帰属して自分ばかり責めちゃうよ。

どうでしょか?

  

ある時、「私、親に勘当されてて。。」っというと「あ。そう?笑。大丈夫。俺、親勘当してるから。ニコッ」っという会話に出会った。

ふふふ。笑。どう思います?なんだか世界が揺らぎませんか?

勘当って親がするものだっていう先入観がありますよね?

でも親っていつまで子どもに対してそんなに偉そうにしてられるんでしょか?本当に偉いんでしょか?

親だって間違いだらけですよ。

ほらね。

世の中って全然自明の理なんかじゃなくて、人為的なものなんです。

虐待に遭っている子どもたちは自分が悪いと考えていることが多い。親って絶対正しいし、自分が悪い子だから虐待されてるんだって。

でもね、そんなわけないよ。

  

自分はこの世界に存在するだけでその存在を望まれている人間なんだ。

失敗することもあるけれど、過ちを犯すこともあるけれど、誰だって同じさ。

未熟さを補って余りある自分の素晴らしさを抱きしめて!

また今日から行ってみよう! 

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください