3大療法を超ざっくりとつかむ!(院試対策2限)

Question

✔️ 心理学部の院試に向けて、勉強しとかなきゃいけない心理療法って何?

✔️ 心理療法といえば何?どれを知っとかなきゃいけないの?

この記事は、上記のような疑問へ少しでもお役に立てればと思い上梓しております。

Let’s情報共有!

心理に興味を持たれた方、心理学を学び始めたばかりの方、心理学部の院試を目指す方etc向けです!

心理lifeハッカー緣

この記事を書いている私、心理lifeハッカー緣は、大学卒業後に社会人を経て心理学部へ再入学、大学院を受験しました。大学の仲間や受験予備校(院試の受験予備校ってあるんです!)、もちろんインターネットも含めて私が情報集取した結果をお伝えします。私も初めは「心理関係のお仕事に就きたいなー。カウンセラーってどんな資格があるんだろ?」っと漠然と思っていました..。

Answer

✔️ 精神分析、行動療法(認知行動療法)、来談者中心療法を理解せよ!

結論からお伝えすると以上の通り。

(特に臨床)心理学といえば、まずはこの精神分析、行動療法、来談者中心療法を理解しましょう!

※行動療法は現在は認知行動療法として発展しており、様々な現場で「これ一択!」的な存在です。

※来談者中心療法はクライエント中心療法とも言います。

 

心理学を学ぶ際、概論書はいくつか存在するとはいえ、「3冊ほど読んで自分なりに勉強すべし!なぜなら著者によって偏りがあるからだ!」っと言われます。

それって、わかるけど、でも、ビギナー的にはかなり呆然としますよね。

そんなわけで、以下では私が数冊読んでまとめたノートより精神分析、行動療法、来談者中心療法をご紹介しますね!

200字程度を意識してまとめているので、院試に向けて活用していただくのもありなのではっと思います。

ウィキペディアではなく、臨床心理の勉強をしてる世界観での説明です!

 

3大心理療法概略

 

以上。最後までお読み戴き、ありがとうございました!

上記3つの心理療法はいわば、大枠。木の幹のようなもの。

まずは、3つの心理療法をバッチリつかみ、その上で細部を肉付けするように学び、覚えていきましょう!

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください