分散分析とは

 

分散分析とは、3つ以上の群の平均値の差が誤差か有意差かを判定するための統計的仮説検定の1つである。3つの群の平均値の差が誤差であるという帰無仮説を立て、その帰無仮説を棄却し対立仮説を採択することで有意差であると示す。ただし、帰無仮説を棄却できない場合でも、差を誤差とは判断できない。また、分散分析では、帰無仮説を棄却しただけでは有意差の数と場所が特定がされない。有意差の数と有意差の存在する場所を特定するためには多重比較が必要である。 

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください