仮現運動(β運動)とは

仮現運動とは、広義には、実際には運動していないものが運動しているように見える現象である。誘導運動、自動運動、β運動は全て広義には仮現運動と言える。他方で、狭義には、2点間で順番に刺激を提示すると、先に提示された位置から後に提示された位置へと刺激が移動しているように見えるというβ運動を指す。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください