帰属とは

帰属とは、出来事や行動などの原因を推測し、因果的な解釈を行うことである。Heider,F.(ハイダー)によると、帰属は内的帰属と外的帰属との2つに大きくに分けられる。内的帰属とは、出来事や行動などの原因を能力や努力などの自分自身の内的要因に帰属することである。外的帰属とは、出来事や行動などの原因を、周囲の環境や運や他者などの外的要因に帰属することである。帰属理論は、認知や推論の個人差や歪みを考察する際に用いられることが多い。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください