行動療法とは

行動療法とは、問題行動を不適切な学習によるもの、あるいは適切な学習がなされていないものとみなし、条件づけなどの学習理論を用いて、不適切な行動の消去と適切な行動の獲得を目指す心理療法である。Eysenck,H.J.(アイゼンク)によって定義づけられた。行動療法では、精神分析で想定されるような無意識や防衛機制など観察することのできない概念を想定せず、直接観察される行動のみを治療対象とする。代表的な技法にWolpe,J.(ウォルピ)の開発した系統的脱感作法などがある。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください