ビッグ・ファイブ理論とは

 

ビッグ・ファイブ理論とは、性格特性論の1つで、人間の性格を5つの特性で記述しようとするものである。5つの特性とは具体的に、「外向性(内向ー外向)」「協調性(孤立ー協調)」「誠実性(怠惰ー勤勉)」「開放性(堅実ー好奇)」「神経症傾向(鈍感ー敏感)」である。測定には性格検査NEO-PI-Rなどが用いられる。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください