キャッテルの流動性知能・結晶性知能とは

 

流動性知能とは、新しいことへの適応に必要な知能である。結晶性知能とは、経験や学習によって獲得される知識や技術である。提唱者は、Cattel,R.B(キャッテル)である。キャッテルは、因子分析によって知能因子を整理し直し、流動性知能と結晶性知能の2因子を見出した。流動性知能は加齢とともに衰えていくが、結晶性知能は加齢とともに減少せずむしろ上昇し続けられると考えられている。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください