児童虐待とは

児童虐待とは、保護者の行為によって児童の心身が危険にさらされることを指す。児童虐待は大きく次の4つに分けられる。身体的的虐待、心理的虐待、性的虐待、ネグレクトの4つである。児童の世話をしないというネグレクトも児童虐待に含まれることに留意する必要がある。児童虐待の原因は、世代間伝達や、社会環境の変化による育児の困難さ、望まない妊娠による育児、児童が抱える障害、経済的困窮、DVの影響など多様であり、一義的に特定することはできない。まずは原因を探ることによりも、児童虐待の早期発見と早期介入に注力すべきである。児童虐待の通告義務は守秘義務よりも優先される。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください