クライエント中心療法 (来談者中心療法)とは

クライエント中心療法とは、人間の自己実現傾向を重んじる、非指示的な心理療法である。提唱者は、Rogers,C.R.(ロジャース)である。誰もが自己概念と経験を一致させようとする自己実現傾向を持っており、自己概念と経験の不一致から不適応状態にあるクライエントも、カウンセラーが環境を整えることで自己実現傾向を発揮できると考える。クライエント中心療法では、そのようなクライエントとの関係性を築くために、共感的理解、無条件の肯定的関心、自己一致というカウンセラーの3条件が示唆されている。クライエント中心療法の最終的な目標は、自己実現したクライエントが自分自身で問題を解決していくことのできる「十分に機能する人」となることである。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください