認知行動療法(CBT)とは

 

認知行動療法とは、認知を変容させることで、行動の変容を促す心理療法である。心理療法の中でも比較的新しい。意識の存在を軽視する行動療法に対する批判として、人間の意識的な認知作用を再認識する潮流から生じた。現在、唯一保険診療のかなう心理療法であり、また科学的なエビデンスも存在することから、注目される心理療法である。代表的な方法に、偏った否定的認知の変容を目指すベックの認知療法や、ABCDEモデルに基づくエリスの論理情動療法、観察学習理論に基づくバンデューラのモデリング療法などがあげられる。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください