認知的不協和理論とは

認知的不協和理論とは、認知要素間の矛盾から生じる不快な緊張状態を低減するために、矛盾のない協和な状態に認知が変容する現象や、不協和を増大させる認知を回避する現象を指す理論である。提唱者は、Festinger,L.(フェスティンガー)である。例えば、過酷な課題に対して金銭報酬が少ない場合、過酷さに対して少ない金銭報酬という矛盾が生じる。そこで、課題に対する過酷さの認知を変容する、金銭以外の報酬を得ていると認知する、などして矛盾を解消しようとする。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください