コンサルテーションとは

 

臨床心理学におけるコンサルテーションとは、心理的問題の援助を試みる他領域の専門家が効果的にその心理的問題を援助できるように、心理専門職がその他領域の専門家を援助することである。つまり、心理専門職はクライエントを直接援助するのではなく間接的に援助することになる。他領域の専門家がクライエントを効果的に援助できるようになるということは、地域の問題解決能力が高まることを意味する。そのため、コンサルテーションは臨床心理的地域援助の側面を持つ。コンサルテーションにおいて、援助する側をコンサルタント、援助される側をコンサルティと呼ぶ。コンサルタントとコンサルティは、専門領域の異なる専門家同士であり、上下関係ではない。互いの専門性を尊重しあう必要がある。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください