逆転移とは

逆転移とは、心理面接の中で、援助者が転移に反応してクライエントに対し非合理的な感情を抱くことを指す。かつては逆転移の発生自体防ぐべきものとされた。現在では、援助者は逆転移を自覚し洞察することで援助に活かすべきだと考えられている。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください