横断研究とは

 

横断的研究とは、異なる年齢集団を一度に調査し、各年齢集団間の発達的変化を検討する研究法である。縦断研究とは異なって時間的なコストがかからず、データ数も多く集めやすい。そのため、発見した法則の一般化がしやすい。ただし、同一個人における経年変化や一貫性を検討することはできない。

 

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください