ディスクレパンシーとは

 

ディスクレパンシーとは、ウェクスラー式知能検査において、言語性IQと動作性IQの間に大きな差がある場合を指す。発達障害児に多く見られるとされる。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください