アクスラインの8原則とは

 

アクスラインの8原則とは、遊戯療法において様々な立場に共通に大切にされている8つの原則である。提唱者は、Alxine,V.M.(アクスライン)である。アクスラインはクライエント中心療法に立脚して8つの原則を提示した。8つの原則は以下である。1よい治療関係(ラポール)を成立させる。2あるがままの受容を行う。3許容的な雰囲気をつくる。4適切な情緒的反射を行う。5子どもに自信と責任を持たせる。6非指示的態度をとり、治療者は子どもの後に従う。7変化は長い時間を必要とするため進行を急がない。8必要な制限を与える。特に8番目については、子どもとセラピストの身体的な安全を確保し、さらには枠を与えることで心理的な意味でも治療空間を成立させるという意義を持つ。例えば、セラピストへの身体的攻撃、子ども自身の安全や健康を脅かす行為、性的行為などの禁止があげられる。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください