フェヒナーの法則とは

フェヒナーの法則とは、ウェーバーの法則から導き出された精神物理の法則である。提唱者は、Fechner,G.T.である。感覚量つまり心理的に感じる感覚の強さは、実際に増加した刺激の量そのものではなく、増加した刺激の量の対数に比例するという法則である。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください