ゲシュタルト心理学とは

ゲシュタルト心理学は、要素主義を批判し、全体は要素の総和以上の意味を持つことを強調する心理学派である。Wertheimer,M.(ウェルトハイマー)によって創始された。代表的な研究に、離散的な刺激の変化がなめらかな連続的運動として知覚されるという仮現運動の研究がある。この仮現運動は要素の集合という考え方では説明できないため、ウェルトハイマーは要素主義を批判した。ゲシュタルト心理学は、思考・欲求・社会行動など様々な分野にわたって現代の心理学に大きな影響を与えている。他の有名な研究者には、ケーラーやレヴィンなどがいる。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください