ギルフォードの立体モデルとは

ギルフォードの立体モデルとは、情報処理プロセスに注目し、知能には、情報の内容4種類と、情報の操作5種類と、情報処理の結果6種類との全部で4×5×6=120通りがあると考える説である。提唱者は、Guilford,J.P.(ギルフォード)である。ギルフォードはこの中でも、拡散的思考と収束的思考の2つを創造的な能力として重視した。拡散的思考とは、可能性を広げていきアイデアを生み出していく思考である。収束的思考とは、可能性をまとめ上げ1つの結論を導いていく思考である。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください