欲求階層説とは

 

欲求階層説とは、人間の欲求を5段階に分類する説である。提唱者はMaslow,A.H.(マズロー)である。第1段階は生理的欲求、第2段階は安全の欲求、第3段階は所属と愛情の欲求、第4段階は尊敬の欲求、第五段階は自己実現の欲求とされる。例外はあるものの、下位の欲求が満たされていない限り上位の欲求は生まれないと考えられている。マズローは1〜4の欲求を欠乏欲求とし、5を成長欲求と呼んで区別した。マズローは第5段階を最重要視し、人間が自己実現に向かって成長し続けていくという人間観を強く打ち出した。この人間観が人間性心理学にも影響している。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください