推測統計とは

推測統計とは、標本を用いて母集団を推測する統計手法である。推測統計によって、標本を用いた推測から母集団の性質をつかむことが可能となる。すなわち、母集団全員を調べることなく、母集団の性質をつかむことが可能になる。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください