内言と外言とは

 

内言と外言とは、言語の性質を説明する理論である。提唱者は、Vygotsky,L.S.(ヴィゴツキー)である。内言とは、発話を伴わず、思考の道具として頭の中で用いられる自分自身への語りかけである。外言とは、他者への情報伝達を目的とした発話による語りかけである。ピアジェが幼児の独語を自己中心語と呼んだことに対し、ヴィゴツキーは幼児の独語を本来発話する必要のない思考の道具として言語まで発話してしまうが故に起こると考えた。発達に伴い内言が形成されることで、独語は消滅していくと考える。(ピアジェ=ヴィゴツキー論争)

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください