インテーク面接とは

インテーク面接とはクライエントが援助者のもとを訪れる初回面接のことである。クライエントを受理するか否かを判断するため、受理面接とも呼ばれる。目的は、主訴の確認とリファーの判断、ラポールの形成の2つである。まずクライエントの主訴を確認し問題状況を把握する。援助が必要で可能ならば、援助方法を十分に説明し、同意を得て契約に至る。援助が困難である場合は、別の機関にリファーを行う。また、初めて相談機関に訪れたクライエントは、自身の問題に対する不安と相談機関への不安という二重の不安を抱えているため、クライエントが安心できるようラポールを形成する必要がある。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください