干渉説とは

 

干渉説とは、記憶の忘却を説明する理論の1つである。干渉説では忘却について、記憶痕跡同士が干渉し合うために想起が困難になる現象と考える。干渉説では、減衰説のように記憶痕跡が時間と共に薄れ消失するとは考えず、長期記憶の記憶痕跡は永久に保持されていることを想定している点で検索失敗説と共通する。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください