内観法(※ヴントの心理学における)とは

内観法とは、統制された環境下で自らの意識内容を観察し、報告するというデータ収集方法である。提唱者は、Wundt,W.(ヴント)である。ヴントは内観法によって、客観的なデータ収集が可能となり、心理学が哲学から分離して科学として成立すると考えた。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください