ジェームズ=ランゲ説とは

ジェームズ=ランゲ説とは、情動の生起についての理論で、外的な刺激によってまず生理的変化が生じ、その変化を脳が受信することで情動が発生するという説である。提唱者はJames,W.である。ジェームズ=ランゲ説は、身体抹消の反応をもとに情動が生じるとするため、情動の抹消起源説とも呼ばれる。例えば、ジェームズ=ランゲ説では、「悲しいから泣く」のではなく「泣くから悲しい」とする。一般的に考えられる「情動をもとに生理的変化が生じる」とは逆の主張であるため、批判も多い。代表的な批判としてキャノン=バード説がある。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください