環境閾値説とは

 

環境閾値説とは、遺伝で全てが決まるわけでも、環境で全てが決まるわけでもなく、遺伝的な素質が環境に影響されて発現する、またその発現のしやすさは特性ごとに異なると考える説である。提唱者は、ジェンセンである。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください