効果の法則とは

効果の法則とは、反応の直後に快がもたらされた場合、その反応はその時の状況と強く結合し生起しやすくなるという法則である。Thorndike,E.L.(ソーンダイク)によって、試行錯誤が成立する理論として、Thorndike,E.L.(ソーンダイク)によって語られた。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください