ロゴセラピー(実存分析)とは

 

 

ロゴセラピーとは、人間を「いかなる状況でも価値を追求する自由と責任をもつ存在」と考え、それゆえに人生に価値と目的を見出せない場合に空虚感を体験し、欲求不満に陥ると考える心理療法である。提唱者はFrankl,V.(フランクル)である。人間性心理学のアプローチをとっている。代表的な技法には、逆説思考や反省除去がある。逆説思考とは、症状や問題を過度に意識する患者にあえてさらにその症状や問題を意識させるという技法である。反省除去とは、意味や価値のあることに注意を向けさせて症状や問題から解放させるという技法である。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください