成熟優位説とは

成熟優位説とは、レディネスの整わない学習は効果をもたないという説である。提唱者は、Gesell,A.L.(ゲゼル)である。レディネスとは、学習が可能となるための学習準備状態を指す。ゲゼルによると、レディネスは心身の成熟によって成立する。ワトソンの行動主義において、あらゆる発達は環境からの学習によって成立するとされる。これに対して、ゲゼルは一卵性双生児の階段登りの訓練実験を用い、レディネスの整わない学習は効果をなさないことを実証して、行動主義の発達観に反論した。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください