メタ認知とは

メタ認知とは、「自分が何を認知しているか」を認知する認知能力のことである。例えば、自分がイライラを感じていたとして、それをさらに「あぁ自分は今イライラを感じているのだな」と認知することがメタ認知である。メタ認知によって客観的に自分の認知活動を認知することによって適切な行動をとることができる。メタ認知によって自身を把握することをモニタリングという。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください