重回帰分析とは

重回帰分析とは、標準偏回帰係数を算出することで、複数の独立変数の影響力を分析し、従属変数を予測することを目指す、多変量解析の一つの分析方法である。標準偏回帰係数とは、各独立変数が従属変数に与える影響力のことである。重回帰分析では、多重共線性、つまり独立変数間に強い相関関係がある場合に標準偏回帰係数が異常値を示す現象、に注意すべきであるとされる。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください