内観療法(内観法)とは

 

内観法とは、集中内観によって過去の対人関係や自分の生き方について客観的・継続的に調べ、人生観や行動の変容・修正を目指す日本で発展した心理療法である。提唱者は、吉本伊信(よしもといしん)である。浄土真宗の精神修養法をもとに考案された。集中内観とは、外部の刺激が遮断された狭く静かな部屋で、身近な家族や友人についての「してもらったこと」「して返したこと」「迷惑をかけたこと」の3つを内省し、数時間ごとに訪れる面接者へ報告することを7日間行うことである。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください