新行動主義とは

新行動主義とは、行動主義の系譜を継ぐ次世代の新たな行動主義である。代表的な研究者には、トールマン、ハル、スキナーetcがいる。トールマンは、刺激と反応の関係性は生活体(O)の状態に左右されるというS-O-R理論を提唱した。ハルは動因低減説を提唱した。スキナーはオペラント条件付けを提唱した。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください