神経伝達物質とは

 

神経伝達物質とは、脳神経間の情報伝達を担う物質である。神経伝達物質の異常が心理・精神的な異常に関係していると考えられている。神経伝達物質は多数あるが、心理学で注目されている代表的なものはセロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンである。セロトニン、ノルアドレナリンは、気分との関係が指摘されている。例えば、うつ病の患者は健康な人間と比較すると脳内のセロトニンの量が少なく、SSRIなどの抗うつ薬を用いてセロトニンの適切な運用を働きかける。ドーパミンは、情緒、意欲、幻覚、妄想との関係が指摘されている。例えば、統合失調症の原因にドーパミンの過剰放出が指摘されている。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください