強迫症とは

 

強迫症とは、非合理的な思考である強迫観念と強迫観念によって引き起こされる強迫行為を繰り返すことを主症状とする病態のことである。以前、強迫症は、不安障害に含まれていたが、DSM-5では不安障害から独立した。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください