エディプス・コンプレックスとは

 

エディプス・コンプレックスとは、心理性的発達理論において最も重要視される男根期(3〜6歳)の心理的葛藤のことである。提唱者は、Freud,S.(フロイト)である。自分の性を意識し始めた幼児は、異性の親に性愛を抱くようになり、同性の親を敵視し始める。しかし、異性の親を排除することは叶わず、去勢不安を抱く。最終的には、異性の親への性愛感情と同性の親への敵意とを抑圧することで、解決がなされる。そして、次の段階として、同性の親への同一視が始まり性役割の獲得へと進んでいく。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください