効果研究とは

効果研究とは、ある心理療法の効果の有無を実際にその心理療法を実施し検討する研究のことである。心理療法を行う実験群と、心理療法を行わない統制群に分け、実験群に改善がみられれば有効だと判断できる。効果研究については、統制群では問題を抱えたクライエントに心理療法を行わないという倫理的問題や、実験群では不確定な効果の心理療法を行うことの危険性、などを留意しながら慎重に行う必要がある。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください