平行テスト法とは

 

 

平行テスト法とは、形式・難易度・平均点などが等質な2つのテストを作成、同時に実施して2つのテスト間の相関関係を算出することで、信頼性を検討する方法である。デメリットとしては、形式・難易度・平均点などが等質なテストを複数作成することの難しさがあげられる。メリットとしては、被検査者の時間的なコストが少ないこと、記憶や学習による影響がないこと、などがあげられる。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください