知覚の恒常性とは 

知覚の恒常性とは、感覚情報の変化とは無関係に知覚が一貫性を保つことである。例えば、物体が近づくと網膜上の像は大きくなり遠ざかると網膜像は小さくなるはずだが、我々は実際の大きさが同じであることを認識している。これは大きさの恒常性と呼ばれる。知覚の恒常性は他にも、明るさの恒常性、色の恒常性、形の恒常性などがあげられる。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください