作業検査法とは

作業検査法とは、被検査者に特定の単純な作業を行わせ、その作業結果を分析することで被検査者の特徴を把握する心理検査である。代表的な作業検査法には内田クレペリン精神作業検査などがある。作業検査法のメリットには以下の3点がある。1つ目に集団実施が可能である点、2つ目に言語能力への依存が少なく年齢や症状のために言語が困難な対象へも実施可能である点、3つ目に意図的な虚偽の回答などの回答の歪みが生じにくい点である。他方でデメリットには以下の2点がある。1つ目に得られる情報はさほど多くなく被検査者の限られた面を把握できるに過ぎないという点、2つ目に作業が単調で時間がかかるために被検査者に負担がかかるという点である。テスト・バッテリーの1つとして用いることが有効である。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください