パーソナリティ障害とは

パーソナリティ障害とは、価値観や道徳といった属する文化において期待されることから極端に逸脱したパーソナリティによって、社会生活における持続的な困難が生じているという障害である。特徴ごとにA群、B群、C群の3群に分けられ、さらに10の種類に分類される。A群は奇異な行動をするもの、B群は派手で周囲を振り回すもの、C群は強い不安や恐怖をもつもの、とされる。A群の中に、猜疑性(妄想性)パーソナリティ障害、シゾイドパーソナリティ障害、失調型パーソナリティ障害があり、B群の中に、境界性パーソナリティ障害、演技性パーソナリティ障害、自己愛性パーソナリティ障害、反社会性パーソナリティ障害があり、C群の中に、回避性パーソナリティ障害、依存性パーソナリティ障害、強迫性パーソナリティ障害があり、計10種類である。パーソナリティ障害は、パーソナリティの偏りを根本から変化させることが難しく、目の前にある生活上の困難に対する対処方略を一つ一つ身につけていくということで改善を図る支援を行うことが多い。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください