性格特性論とは

 

性格特性論とは、性格を複数の性格特性の集合体と考え、各性格特性を測定し個人の性格を把握する手法である。デメリットとしては、個人の全体像がとらえづらいという点がある。メリットとしては、性格特性を測定することで数量化し量的に個人をとらえられるという点がある。性格特性論が現在の性格研究の主流となっている。性格特性の種類数は研究者によって異なり定まっていないが、現在、5因子で性格をとらえるビッグ・ファイブ理論が注目されている。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください