ピアジェの認知発達論とは

ピアジェの認知発達論とは、子どもの世界観、認知や思考様式の変化に注目し、子どもの発達を4段階に分けて説明した発達理論である。提唱者は、Piaget,J.である。4つの発達段階とは、0〜2歳の感覚運動期、2〜6歳の前操作期、6〜12歳の具体的操作期、12歳以降の形式的操作期である。生まれた直後の感覚運動期では、言語は使えず身体感覚と運動を通して世界の理解が始まる。次に前操作期では、言葉やイメージを通じた世界の理解が可能になる。次の具体的操作期では、具体的な事物についての心的操作が可能になる。次に形式的操作期では、抽象的な概念についての心的操作が可能になる。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください