遊戯療法とは

遊戯療法とは、遊びを通じて行う心理療法である。主な対象は、言語を用いた心理療法を行うには未熟な存在である子どもである。遊戯療法ではアクスラインの8原則に基づき、子どもの主体性を重じ自由に遊べる空間を作ると同時に、子どもとセラピスト双方の安全を確保するための制限も設ける。この制限の存在は、子どもが安心して自己表現することも可能にする。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください