統計的仮説検定の手順

 

1帰無仮説と対立仮説を設定する。

帰無仮説:A組とB組には差はない

対立仮説:A組とB組には差がある

 

 

2有意水準を設定する(心理学では5%か1%が一般的である。)。

 

 

3検定を行い確率を求める。

 

 

 

4有意差に基づいて帰無仮説を棄却できるのか否か、対立仮説を採択できるのか否かを判断する。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください