精神分析療法とは

精神分析療法とは、問題行動の原因を無意識に抑圧された心的外傷体験によるものとし、その心的外傷体験を意識化し、徹底操作によってその意識化に耐えうる自我の強化を目標とする心理療法である。創始者はFreud,S.(フロイト)である。意識化には主に自由連想法や夢分析が用いられる。生じた抵抗や転移などに解釈を与えることにより、クライエントの自己洞察を促す。洞察と解釈をくり返す徹底操作によって自我が強化され、意識化された心的外傷体験に向き合うことが可能になると考えられている。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください