心理検査法とは

心理検査は、性格検査と知能検査の2種類に大きく分けられる。さらに性格検査は質問紙法、投影法、作業検査法の3種類に分けられる。1つの心理検査からはパーソナリティの限られた一側面しか把握されないため、可能な限り複合的な視点を得るために複数の心理検査を組み合わせることが多い。複数の心理検査を組み合わせることをテスト・バッテリーと言う。テスト・バッテリーでは、各検査の限界や欠点を補い合うように設定する。ただし、どのような心理検査であれ、心理検査はクライエントの負担が大きいことを決して忘れてはならない。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください