精神物理学とは

精神物理学とは、精神と身体の関係性を数式的に明らかにしようとした学問である。Fechner,G.T.(フェヒナー)によって創始された。弁別閾に関する研究が中心である。例えばStevens,S.S.(スティーブンス)が開発したマグニチュード推定法などの感覚の強さなどを数値化して測定する方法や、測定結果を科学的に分析し、法則を証明する方法は、心という目に見えない存在をデータ化して科学的に分析する現代心理学の基礎をとなっている。

シェアしてくーださいっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください